「何をどう伝えるか」…そんなコミュニケーションの基本からあらゆる印刷物のプランニングがはじまります。豊富な資料、材料から「核となるコンセプト」を創造していきます。当社では「はじめにコンセプトありき」の理念を大切にしていきます。
 

コンセプトからイメージへ。商品や企業の意思を言葉やビジュアルにかえ、適切かつ訴求力のある表現で提案する、デザインワーク。CIやサインなどのグラフィックデザイン、イラストレーションはリアルな物からCGやマンガなど幅広い表現で、また商品や人物、イメージの写真撮影、さらにはスタッフやブレーンのコーディネイトも含めたディレクションなどトータルに行っています。

 
当社はMacintoshとMotoyaの文字組版機を統合した独自のシステムで合理的なDTPを行っています。もちろん、お客様がパソコンで作られたデータも当社で変換、加工処理 を行いますのでお気軽にお問い合わせください。
※(1) DTP(DeskTopPublishing)という言葉は1985年、ページレイアウトソフト(文字と図形や画像をパソコン上で統合して扱える)PageMakerを開発したAldus社の社長、ポール・ブレナード氏によって提唱されたものです。その後DTPも最新の技術とともに大きく進化を遂げ、より高度かつ複雑になり、現在一般的にDeskTopPrepressと呼ばれています。

※(2) DTPデータの変換・加工については使用ソフトやフォント、画像解像度等により異なりますので営業担当にお問い合せください。

 

Top▲
印刷物の原稿となる文字や写真の入出力は、高品質で迅速・確実をモットーに当社のエキスパートが責任を持って行います。
また写真の修正処理、例えば社屋にかかった電線を消す、曇り空を青空にする、商品の色の補正や変更などの画像加工ニーズにもデジタルならではの高品質でお応えします。

 

一口に印刷といっても、普段よく目にするカタログや一般的なオフセット印刷をはじめ、伝票・帳票類の複写処理や、シールやステッカーの印刷、アクリルボードやTシャツなどのシルク印刷、その他の特殊な印刷も含め多様です。取扱用紙も多種にわたり、また加工の面でも複雑な仕様があります。当社はそんなさまざまなニーズに、最新鋭の、そして実績に裏付けられた技術でお応えします。
また、用紙や加工など仕様の決定に際し、コスト、納期など綿密な打ち合わせとニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

当社は納品・配送までをスムーズに行える一貫したシステムづくりにも力を入れ、また印刷物全般の在庫管理、リピート(再版・増刷)のデータ管理などにも責任をもって取り組んでおります。

 

Top▲